新築で購入する前に夫婦でしっかり話し合おう。

私が家を購入する際に重要視したことは、駅やスーパー等が近いという点と部屋が広いという点の2点です。
1点目の駅やスーパー等が近いというのは、妻が車を運転できないため、徒歩や自転車で容易に駅やスーパーに行けることが必須であったためです。
また、購入したのはマンションですが、万が一売却することになっても駅から近いというだけで価値は低くはないと思ったからです。
2点目の部屋が広いというのは、単純に部屋が狭いのが嫌だったからです。
以上、2点が重視した点です。

その重要視した2点を実現させるために、マンションギャラリーによく行きました。また、インターネットで情報収集をしました。
部屋が広いという点は、建物面積が戸建てと同じくらいのマンションを探すことをぶらさずに探しましたので、マンションでよくあるアパートより少し大きいくらいの広さはすぐに却下しました。
ちなみに部屋が広いと同じくらい重要視したのは歩道や道も広いことも重要視しましたので、現地に行って自分の目でしっかり確かめました。

やはり大切なことは夫婦それぞれで大切にしたいことを事前に話し合うことです。
ここはぶらしたくないというのは必ずあると思います。それをお互いに知っていることが大切だと思います。